ごあいさつ

 少子高齢化を伴う国内人口減少・生産年齢人口の減少、社会経済のグローバル化の進展、環境エネルギー問題への対応、働き方改革など、地域経済を取り巻く環境は大きく変化しております。
 山形県において足腰の強い産業基盤を確立し、地域経済が持続的に発展していくためには、その中核をなす県内中小企業の振興を図ることが何よりも重要であり、山形大学の有機エレクトロニクス分野での研究や慶応先端研のバイオテクノロジー分野での研究など世界最先端の先進技術と県内企業とのマッチングにより事業化、産業化に結び付け、地域経済に成果を波及させることが重要となっています。
 このため産業技術振興機構では、技術支援の専門機関として、県内企業の市場競争力の強化を目指し、産学官連携による技術開発等のコーディネート、研究開発プロジェクトの推進、研究開発成果の事業化支援、高度技術者の養成、工業材料の試験・分析など5つの機能を柱に、本県産業技術の振興に取り組んでおります。
 AI、IоТ、ロボット等の進展による世界的な競争環境の変化・ビジネス変革が始まっている中で、県内企業をはじめとする産学官の皆様と多様な連携を構築し、先端分野の集積促進など本県産業の自立的発展に取り組んでまいりますので、一層のご指導とご協力を賜りますようお願い申しあげます。

【略歴】
 
 山形大学理学部卒
 日本電子株式会社
  代表取締役兼副社長
  執行役員
  顧問(現任)

いわつき まさし
理事長 岩槻 正志
◇山形県高度技術研究開発センター